Zig-Zag chair / ジグザグチェア
59882bdaf22a5b526f000ad1 59882bdaf22a5b526f000ad1 59882bdaf22a5b526f000ad1 59882bdaf22a5b526f000ad1 59882bdaf22a5b526f000ad1 59882bdaf22a5b526f000ad1 59882bdaf22a5b526f000ad1

Zig-Zag chair / ジグザグチェア

Last 3

1,161 JPY

About shipping cost

ジグザグチェア デザイナー:ヘリット・リートフェルト、1932年頃 ブナ材、真鍮の金具 リートフェルトは1923年の『Red-Blue』や 1934年のクレート家具、1942年のアルミニウムの椅子など、前衛的で時代を象徴するデザインを数多く残した建築家です。 同時代に見られたスタイルと比べて格段にミニマルなジグザグチェアは、リートフェルト自身が「椅子ではなく、空間を仕切るもの」と呼んだように、純粋な形の追求として1932年頃から構想され、さまざまな建築プロジェクトに使われました。 4つの矩形が繋げられた形はシンプルですが、そのぶん構造的には難しく、成形合板で一体化したものや木の内部に金具を埋め込んだものなど、いろいろな補強のバージョンが試されてます。この紙模型で参照しているのはオランダのMetz & Co.社から最初に発売されたタイプで、背と座は鳩尾継ぎ、鋭角の継ぎには補助部材が内側から貼られ、ボルトも使われて加重を支えています。この、座っても大丈夫?と一瞬躊躇するような外見が、魅力のひとつであることは間違いありません。 のちに、構造を助けるひじ掛けつきのアームチェアや背の角度が開いたラウンジチェア、座面に張り地のついたものなどもデザインされました。 ジグザグチェアが置かれた室内は、椅子よりは早く1924年にデザインされユトレヒトに建てられたシュレーダー邸のキッチン・ダイニングを参考にしています。 16分の1で作って集める椅子とインテリアの紙模型 フラットな印刷物を切り取り折り曲げると、そこに立体が生まれて周りに小さな空間が立ち上がる。 そんな紙で作るジオラマの楽しみを、椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通してお届けするのが1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。 本物の椅子を手に入れるのが難しくても、この小さな模型と部屋の一画の再現を通して、 椅子やインテリアの歴史に親しんでいただけたら幸いです。